ゲーム気まぐれブログ

ゲームに関する記事やプレイ日記を書いていきます。主に野球や競馬やサッカーといったゲームをプレイしています。

パワプロ2018で千葉ロッテでペナントを始めてみた

 

f:id:topgun428:20180426141204j:plain

 

実況パワフルプロ野球2018が発売されてから2週間が経過しようとしていますが、モードの一つである「ペナント」を少しだけプレイしてみました。

 

 

前作のパワプロ2016ではあまりペナントで遊ぶ時間が無かったので、今作ではペナントで遊ぶ時間を増やせればと思って、まずは試しプレイ。

 

 

f:id:topgun428:20180509115432j:plain

 

個人的にパ・リーグで応援している千葉ロッテマリーンズでプレイを始めました。CPUの難易度は「つよい」です。今回は開幕から2カードをプレイしたので、6試合を消化しました。

 

 

f:id:topgun428:20180509115722j:plain

 

今作では疲労システムが復活?したため、蓄積疲労がたまると調子が悪くなったり、ケガをしやすくなるようです。なので選手の全イニングフル出場は厳しかったりすると思います。

 

 

f:id:topgun428:20180509120019j:plain

 

6試合を消化した段階では、マリーンズは4勝2敗です。まずは開幕カードで東北楽天との3連戦でしたが、開幕戦は延長10回の末、敗れましたが、続く2試合に勝利してカード勝ち越し。

 

 

f:id:topgun428:20180509120044j:plain

 

2カード目はビジターでのオリックス戦で、初戦は9回に登板した大谷が初球でサヨナラホームランを打たれ敗れましたが、ここも後の2戦に勝利しました。

 

 

f:id:topgun428:20180509120100j:plain

 

 

f:id:topgun428:20180509120114j:plain

 

f:id:topgun428:20180509120127j:plain

 

しかも2戦目ではNPB初出場となったドミンゲスが1試合3ホーマーを放ちました。これが現実の世界だったら・・・・。

 

 

まずは開幕2カードの6試合をプレイしましたが、前作から大きな変更点は無いように思えます。しかし、疲労蓄積システムはペナントでの戦い方に大きな影響を与えそうです。

 

 

開幕からホームランは飛び出しているものの、マリーンズは長打力のある選手があまりいないので、涌井、石川といった投手陣頼みになると思います。いいピッチャーが相手だと、マリーンズの選手の能力では打てない試合も多くなると思うんです。

 

 

ペナントの方は暇なときに少しずつプレイする形でやっていければと思っています。パワフェスなどと並行してやっていく感じですかね。