ゲーム気まぐれブログ

ゲームに関する記事やプレイ日記を書いていきます

PS Vitaに必要なアクセサリーとメモリーカードの容量

 

f:id:topgun428:20161215103242j:plain

 

 

外出先で遊んだり、PS4のリモートプレイでゲームを遊ぶ時にはPS Vitaをプレイする人も多いと思います。2011年12月に発売され、2013年からはPCH-2000シリーズが発売されました。

 

 

私もPS Vitaを買い直して、今はネオンブルーのカラーを持っています。そのPS Vitaは本体だけでなく、アクセサリーも買わなくてはいけないと思うのですが、実際に必要なアクセサリーを今更ながら書いてみました。

 

 

メモリーカードはどの容量を買えばいいのか

 

Vitaでゲームをする場合はメモリーカードは必須となります。容量の高いものは結構高いですし、どの容量を選べばいいか迷う人もいると思います。

 

 

私は16GBのメモリーカードを購入しましたが、この容量では少ないかもしれないですね。特にダウンロード版を購入する人は16GBでは少ないでしょう。32GB以上のものがいいですね。

 

 

例えばペルソナ4ザ・ゴールデンのダウンロード容量は3.1GBと表記されています。16GBのメモリーカードだと、3GBのゲームを4つまでダウンロードできるかという状態なので、メモリーカードの容量は多い方がいいと思います。

 

 

それと動画や音楽もPS Vitaには入れられます。特に動画は高画質なものほど容量を必要とされることを考えると、動画を何本も入れたい人はこれも容量の大きいメモリーカードがいいと思います。

 

 

液晶保護フィルムは最低限

 

Vitaの画面にキズが付かないように液晶保護フィルムを貼ることは必須だと思います。ニンテンドー3dsでもスマホタブレットでも保護フィルムを貼る人はほとんどだと思います。

 

 

もし、Vitaを買い替えたい時に、液晶画面にキズが付いていたら、買取価格から減額されますからね。

 

 

私は評判がいいとされているHORIの液晶保護フィルムを購入しました。

 

 

 

 

 

 

持ち運びに必要なケース

 

PS Vitaは携帯ゲーム機ですから、外出した時に持っていくこともあるでしょう。鞄などに入れていくことも多いと思いますが、その時に本体がキズが付かないようにケースに入れて持っていくことをオススメします。

 

 

私が使用しているのはもうすでに販売されていないようですが、収納する時にも使っていて、ゲームカートリッジを収納できます。

 

 

 

(PSVITA2000用) セミハードポーチ スリム (ブルー)

(PSVITA2000用) セミハードポーチ スリム (ブルー)

 

 

 

この商品の前のバージョンを購入したものと思われます。PCH-1000を購入した時に使っていたものを現在も使っています。

 

 

プロテクトフレームもあると便利かも

 

Vitaをもし落下させた時にはキズを作る可能性があります。その時にVitaを守るためにプロテクトフレームも購入し装着させています。ただ、プロテクトフレームを装着すると、ケースに入れる時には何とか入る感じです。

 

 

 

Newプロテクトフレーム for PlayStationVita CLEAR

Newプロテクトフレーム for PlayStationVita CLEAR

 

 

 

 

他にもVitaのアクセサリーは多くあると思いますが、液晶保護フィルムと本体を収納するケースは最低限用意する必要がありそうです。