ゲーム気まぐれブログ

ゲームに関する記事やプレイ日記を書いていきます

ウイイレ2018 myclubで30試合を消化しました

 

f:id:topgun428:20171214111718j:plain

 

 

結構間が空いてしまったのですが、取りあえず何か書こうと言うことで、ウイニングイレブン2018my clubの進行状況について書こうと思います。

 

 

ウイイレのmy clubは選手を集めて他のプレイヤーと対戦するというような遊び方になるのですが、ここ近年はこのmy clubが人気のようですね。

 

 

オンラインでやる人が多いと思いますが、私は他人とプレイするわけでなく、ひたすらCPUとの対戦で遊んでいます。CPU戦も他のプレイヤーのデータを使用しているのですが。

 

 

カップ戦などのコンペティションもあるのですが、一応30試合ほどここまでこなしてきました。

 

 

f:id:topgun428:20171214111055j:plain

 

現状は主にこのようなメンバーがいます。システムは伝統的な4-4-2ですね。まだ試合数はやり込んでいる人よりもかなり少ないので、メンバーはまだ揃っていません。

 

f:id:topgun428:20171214111230j:plain

 

主力はアトレティコマドリーのグリーズマンバイエルンミュンヘンのトリッソあたりですかね。やり込んでいる人は能力値が80以上の選手だらけだと思います。

 

 

f:id:topgun428:20171214111352j:plain

 

VS COM戦の成績ですが、これが私のウイイレ2018のmy clubでのここまでの通算成績ですね。最初はスタンダードからCPUのレベルがスタートして、今はプロフェッショナルです。

 

 

CPUカップ戦は最終戦になるとCPUの難易度が高めですし、チームもレアルマドリーなどが対戦相手になるため現状はなかなか勝つことは厳しいです。

 

 

f:id:topgun428:20171214111919j:plain

 

対CPU戦ではボルトにもゴールを決められたりもしました。

 

 

my clubの経験が多い人は100試合以上プレイしている人もいるでしょうが、私は現状この程度。課金もあまりしたくないので能力の高い選手を集めるのには苦労するかもしれませんが、地道にやっていきたいと思います。

ウイニングイレブン2018をプレイ FIFA18との比較も

 

f:id:topgun428:20170916123223j:plain

 

 

プレイステーションストアでいろいろなゲームがセールになっていたので、MLB The Show17を購入したのに続いて、先日ウイニングイレブン2018も購入しました。4900円で11月26日まで値下げされているようです。

 

 

ウイイレ2018は体験版を9月にプレイしたことがあるのですが、本製品ではmy Clubを中心に数試合プレイしました。

 

 

FIFA18とウイイレ2018の比較

 

f:id:topgun428:20170929153046j:plain

 

 

FIFA18をこれまでは中心にプレイしてきましたが、ウイイレ2018も購入。両作品を同じ年に購入するのは数年ぶりですかね。

 

 

FIFA18とウイイレ2018の比較ということになりますが、基本的に同じサッカーゲームなので大きな違いとまでは感じないものの、個人的にはFIFA18の方が選手の操作はしやすいのかと思います。

 

 

もちろんFIFA18に慣れて来て、CPUもワールドクラスでは完勝出来るレベルまでは行ったので、ウイイレを操作すると違和感が多少はあるかもしれませんが、よく言われるリアルな感じはFIFAシリーズの方が上かなと思います。

 

 

FIFA18では自分が思っていたようなプレイが出来たりもするのですが、パスなどが通りやすい印象はありますね。だから決定機を作るシーンが多かったりもします。

 

 

ウイイレ2018は選手のカーソルの移動で操作したい人にいかなことや、違った相手にパスが出たりなどはたまにあるのかなと。選手がちょっとしたミスをしたりなどもある印象です。

 

 

選手の顔はウイイレの方が似ているというレビューも見られますが、私は選手の顔はそこまで重視してないので比較はしづらいものの、これはユーザー個人の感じ方によって違ってくるでしょう。有名どころは似ているとは思いますが。

 

 

もちろんライセンスではFIFA18の方が上です。ウイイレ2018だと「神データ」を使用することになるのですが、多少手間がかかります。

 

 

イングランドやスペインのクラブは偽名になっているチームがほとんどで、チーム名を変えたりとする作業が必要です。

 

 

新しく選手を作る場合はウイイレシリーズの方が細かくデータを作成できるので、たくさん選手を作りたい場合はウイイレと言うことでしょう。FIFAはそこまで細かくは作れないですね。

 

 

シーズンモードではFIFA18ではキャリアモードをプレイしましたが、ウイイレ2018ではマスターリーグはまだ未プレイ。

 

 

ウイイレは前作の2017でマスターリーグはプレイしていますが、そこからまた新しい要素も加わっているようなので、いつかはやってみたいです。FIFA18のキャリアモードは本格的だと思います。実際に選手との契約更改が出来ますし。

 

 

最後に

 

ウイイレ2018ではmy clubを数試合プレイしましたが、CPUがスタンダードだと鑑賞できるレベルで、プロフェッショナルだと接戦が多いですね。自分がまだあまりうまくないのもあるとは思いますが。

 

 

またmy clubなどを進めて感じたことは記事にしたいと思いますが、個人的にももう少しレベルを上げていければと思います。

 

Nitendo Switch版ウイニングポスト8 2017の進行状況

 

f:id:topgun428:20171003171833j:plain

 

 

Nintendo Switch版のウイニングポスト8 2017が発売されて2ヶ月ほどになります。私は発売日にダウンロード版を購入してやり込もうと思ったのですが、そうでもない。

 

 

購入して2か月ほどで1997年の7月1週までしか進めていません・・・。ゲーム開始から15年進めただけですね。

 

 

10月にはFIFA18をやっていたこともありますしね。マイページで調べてみるとウイポ8 2017は25時間以上プレイとなっていますし、あまりやっていないですね。

 

 

プレイ内容ですが、1997年までそれなりの結果は出ていると思います。HARDのBモードでプレイしていて、引継ぎはなし。初回特典の所持金アップとお守りを利用してのプレイです。

 

 

ただ所有馬は基本的に自家生産馬で、史実馬は所有していません。そういう状況での成績ですが。

 

 

通算勝利 206勝

 

通算GⅠ 26勝(海外1勝)

 

主な勝ち鞍 日本ダービー オークス 天皇賞春 香港カップ

 

所持金  42億7959万円

 

馬主リーディング 最高5位

 

名声  7368

 

牧場リーディング  最高3位

 

 

あまりストレスにならないようにHARDでプレイしていますが、軌道に乗るまではなかなか勝てないことも多かったです。騎手のボーンヘッドで負けることもありました。結果を出せるようになってから順調に来ていると思います。

 

 

牧場施設も繁殖牝馬を20頭まで所有出来るようになりましたし、種牡馬施設も海外種牡馬の種付けが出来るランクまで行きました。

 

 

2か月プレイしてみての印象としては、プレイステーション版と大きく変わったところはないのですが、やはりテレビ画面でのプレイだけでなく、テーブルモードや携帯モードでもプレイ出来るのはやはりいいです。

 

 

少し不満なのはスクリーンショットが撮れないこと。権利の関係が絡んでいるようですが、プレステ版では撮れるのにねとは思います。

 

 

個人的にはもう少しこのゲームで遊ぶ機会を増やしていければと思っています。Switchは中々手に入らない状況にまだあると思いますが、ウイニングポスト8 2017はSwicth版でも楽しめると思います。

 

 

MLB The Show17をプレイしてみた

 

このブログでは数か月前に「MLB The Show」について記事にしたことがあります。

 

 

game-kimagure.hatenablog.com

 

私はMLB The Show15を購入したのはちょうど2年前です。なので新作に買い替えようと思ったので、「MLB The Show 17」をダウンロード購入しました。

 

 

現在このゲームはプレイステーションストアで25パーセント割引で販売されていますし、さらにPlayStationPlusを利用中の方はさらに25パーセント引きで、合計50パーセント引きでの購入となります。

 

 

f:id:topgun428:20171113151051j:plain

 

 

プレイステーションストア以外ではAmazonなどでディスク版を購入することになりますね。

 

 

私はゲームの購入と同時にPSPlusにも同時に加入しました。そうするとゲームが50パーセント引きでの購入になりました。

 

 

MLB The Show15はそれほど遊ばなかったのですが、17の方はもう少し遊べたらと思います。

 

 

f:id:topgun428:20171113145636j:plain

 

メニュー画面ですが、OPTIONSで選手をエディット出来たり、操作方法も変えられます。またロースターなども調整出来ます。

 

 

試合イニングを5イニングに設定して2試合ほどやってみましたが、確かに新しくなった感じはあります。グラフィックなども多少変化はありますね。

 

 

 

f:id:topgun428:20171113145355j:plain

 

投球画面はこんな感じです。投球の仕方は自分でカスタマイズできますが、私はメーターでやっています。球種はプロスピよりも少ないです。

 

 

 

f:id:topgun428:20171113145514j:plain

 

打撃面では着弾点が表示されませんから、ストライクボールの見極めは難しいかもしれませんが、慣れれば打ててくると思います。

 

 

当然海外のゲームなので英語表記ですが、英語は中学英語が分かれば何とかなると思います。またプレイステーションのサイトにゲームの説明などがあります。

 

 

私はMLBにそれほど詳しくはない(今年のワールドシリーズヒューストン・アストロズが制したことくらいは知っています)のですが、現実に近いリアルな作りと演出になっています。

 

 

もう少し実践を積んでからシーズンモードをプレイしたいと思っています。このゲームではFRANCHISEと呼ばれるものですが、一度体験できればと思っています。

 

FIFA18ドルトムントのキャリアモードは終盤戦

 

現実の欧州サッカーシーンも各国リーグでビックマッチが行われていますし、チャンピオンズリーグでも先週までに第4節が終了しました。これからリーグ戦は中盤戦ですね。

 

 

PS4版のFIFA18のキャリアモードも最初のシーズンは終盤戦になりました。そして先日シーズンが終了したので、その報告をしたいと思います。

 

 

 

f:id:topgun428:20171108094840j:plain

 

ブンデスリーガは3月にバイエルンとのアウェーゲームがありました。ここは5‐0で勝利し、一気に優勝が近づきました。

 

 

f:id:topgun428:20171108094859j:plain

 

そして4月のハノーファー戦では現実でありえないスコアで勝利し、ブンデスリーガチャンピオンになりました。

 

f:id:topgun428:20171108094918j:plain

 

優勝演出はこんな感じです。

 

f:id:topgun428:20171108094814j:plain

 

その後のリーグ戦では若手メンバーも起用しながらの試合でしたが、相変わらず点は入りますね。

 

 

f:id:topgun428:20171106172635j:plain

 

これが今シーズンのブンデスリーガの順位表です。ドルトムントは現実ではありえない成績でした。

 

 

 

 

チャンピオンズカップはラウンド16はベンフィカ。そして準々決勝はバイエルンとの試合でしたが、ここも2試合とも勝利。今シーズンバイエルンとは公式戦では5度対戦しました。

 

 

準決勝ではグループリーグで同じだったアトレティコとの再戦で、ここも2試合とも勝利しました。

 

f:id:topgun428:20171108095719j:plain

 

決勝はリヴァプールを破って勝ち上がってきたセビージャとの対戦でした。

 

f:id:topgun428:20171106172358j:plain

 

ハイ、勝ちました。この試合も圧倒してブンデスリーガとのダブルを達成しました。

 

f:id:topgun428:20171108100004j:plain

 

 

1シーズンやってみましたが、CPUはプロですから、自分には少し易しかったということでしょう。シーズン序盤は接戦も多かったのですが、中盤戦以降は圧勝ばかりでした。

 

 

PS4のFIFA18のキャリアモードは演出面でも本格的になってますし、楽しめるモードだとは思います。

 

 

 

FIFA 18

FIFA 18

 

 

FIFA18キャリアモード シーズン後半戦がスタート

 

今回はPS4版のFIFA18のキャリアモードでのプレイの模様を適当に書くコーナーです。また日程を進めてみました。

 

 

ボルシア・ドルトムントでプレイしているのですが、前回はブンデスリーガの前期王者、そしてチャンピオンズカップではグループステージを突破したところまで書きました。

 

 

12月の試合から急に大量得点を取れるようになったのですが、1月以降はそれが増してきました。

 

 

ヴォルフスブルク 4-0

 

ヘルタ・ベルリン 9-1

 

フライブルク 9-0

 

 

1月の3試合はいずれも圧勝でした。

 

 

f:id:topgun428:20171103111227j:plain

 

 

2月のブンデスリーガの試合結果

 

 

ケルン 7-1

 

ハンブルガー 7-1

ボルシアMG 3-0

 

アウクスブルク 10-0

 

 

 

f:id:topgun428:20171103111046j:plain

 

 

アウクスブルク戦では2桁得点まで記録しました。現状ではCPUのレベルがプロなのですが、ちょっと相手にならない感じですね。

 

 

2月にはチャンピオンズカップのベスト16の1stレグもあったのですが、ベンフィカとのアウェー戦では5-1で勝利しました。

 

 

f:id:topgun428:20171103111302j:plain

 

 

f:id:topgun428:20171103111346j:plain

 

 

ブンデスリーガでは24試合が終了してゴール数は100点越え。ポイントも2位のバイエルンと15の差を付けています。

 

 

チャンピオンズカップも勝ち進めていくと過密日程にはなるのですが、ドルトムントは選手層は厚いと思うので、このあたりはローテーションをしていければと思います。

 

 

このままいけばブンデスも早々に優勝を決めそうですし、余裕を持ってチャンピオンズカップを戦えそうです。

 

PlayStationVRの在庫をよく見かけるようになった

 

f:id:topgun428:20161130150432p:plain

 

 

PSVRは手軽に買えるようになった模様

 

 

どうでもいい訳ではないですが、昨年の今頃はPlayStationVRが品薄状態でしたね。私も年末に抽選会に並んだことがあるのですが、当選数が少なかったので惨敗。

 

 

発売から1年以上経ってPSVRも新型のモデルが発売されました。気づいている人は多いと思いますが、それもあってか多くの店舗で在庫を見かけるようになりました。

 

 

新型モデルの発売と同時に販売店も拡大しました。およそ3倍になったのですが、私の近所にもあるコジマでも取り扱いが始まり、在庫は常にあるようです。

 

 

発売から1年以上経つと、それなりの欲しい人に行き渡るようになり、さらに新型モデルの発売で販売店舗も拡大したことで在庫が潤うことになったと思います。

 

 

Nintendo Switchなどは品薄の状態がまだ解消されていないとは思うのですが、PSVRも手に入れやすい状態になってきていると思います。Switchも後にそうなるのかな。

 

 

旧型の中古は4万ほどで買えそう

 

 

昨年発売された旧モデルが中古で出回るようになっています。新型のモデルは税込みで4万8千円ほどで発売されているのですが、旧型は中古で4万円ほどでの販売になっているようです。

 

 

私はネットでソフマップ中古とじゃんぱらなどを検索してみましたが、ソフマップはカメラ同梱版で税込み41904円。じゃんぱらでは4万円を切る価格での販売ですね。

 

f:id:topgun428:20171029162322j:plain

 

 

もちろん中古なので状態によって値段が上下しているのでしょうが、中古だと新型のモデルよりも8千円以上は安くなるケースもあるということです。

 

 

人が使用したもので、使用感などはあるのですが、中古も以前は販売価格以上で売られていたのが今は新型モデルの80%ほどの値段で購入が可能と言うことは書いておきます。

 

 

 

今は情報が発達しているので知っている方も多いと思いますが、気軽に手に入りやすくなったのは良いことだと思いますよ。ね、転売ヤーさん。

 

 

VRのコンテンツも増えることも予想されますし、年末へ向けてゲームを楽しみたい(Youtubeやブルーレイも体験できる)人にはいい状況になってきました。

 

 

 

PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版